2006年度・合同採集談話会報告

7月2日(日)朝、関山本館玄関前にて記念撮影

  平成18年(2006年)7月1日(土)~2日(日)、日本鱗翅学会信越支部、越佐昆虫同好会、松本むしの会による、合同採集談話会が、新潟県妙高市関山の休暇村妙高 「関山本館」 で開催されました。
最初の計画では、妙高市にある笹ヶ峰ロッジを宿舎に予定していましたが、平成18年冬の豪雪でロッジが被害を受けたことから、関山本館に変更となりました。
合同採集談話会前日の夜、新潟県には大雨洪水警報が出され当日の天候が心配されましたが、1日16時には、関山本館に出席予定の16名が一同に顔をそろえました。長野県の方々と久しぶりに再会した人もあり、参加者は近況を語り合い、蟲話に会話も弾んでいました。
話題提供では、長野県の方々から信越地方の蝶類について有力な情報が伝えられ、蝶屋さんはさらに詳しい内容を聞いている様子が印象的でした。
19時頃には宿舎周辺に霧がたちこめ、夜間採集には絶好のコンデションとなったことから多数の蛾類が飛来し、ナイター採集は充分堪能できたようです。
翌日の7月2日(日)は朝から小雨が降り続く天候。朝食後に全員で記念写真撮影を行い、次回の合同採集談話会開催を約束して散会となりました。

【合同採集談話会出席者 ABC順 敬称略】
[長野県] 福本匡志、井原道夫、小野 章、田下昌志 [新潟県] 榎並 晃、樋熊清治、長島義介、長島純子、内藤恒夫、中野 潔、荻野誠作、桜沢英郎、佐藤力夫、清野昭夫、瀬谷幸次郎、島田久隆 (16名)

島田久隆 記

 

開会の挨拶をする樋熊清治氏

話題提供で発表中の田下昌志氏

合同採集談話会に出席の方々

レストランでの懇親会スナップ

レストランでの懇親会スナップ

幹事部屋での二次会スナップ

夜間採集のスナップ

平成18年冬の豪雪でつぶれてしまった、妙高笹ヶ峰の明星荘。小屋の手前に立つのは、瀬谷幸次郎氏

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です